お盆休みの期間!2015年はいつからいつまで?

2015年のお盆休みがどのくらいの期間あるのか、
気になっていませんか?

 

旅行や行楽の予定を立てるためには、
お盆休みの期間を確認する必要があります。
連休が何日間あるのか、あなたも知りたいですよね。

 

そこで今回は、2015年のお盆の時期がいつになるか、
連休は何日間あるのか、調べてみました。

お盆休みの期間はいつから?

 

お盆の期間については新暦や旧暦などがありますが、
全国的に多いのが8月15日を中心とする期間です。

そして、一般的なお盆休みは、
13日の迎え火から16日の送り火までの4日間です。
多くの企業も、この期間を休みにすることが多くなります。

 

また、お盆休みの連休が何日になるかは、
土日の休日との関係で決まっていきます。

実際に、2015年のカレンダーを確認すると、
15・16日が休日とかぶっているので、
8月13(木)~16(日)までの4連休になりそうです。

 

2015年8月のカレンダー

ただし、企業によってお盆休みの期間が変わることがあります。
中小企業や大企業ごとにどのような傾向があるか、確認しましょう。

中小企業・個人事業主

2015年中小企業のお盆休み

中小企業や個人事業の場合、お盆休みはカレンダーどおり
8月13(木)~16(日)までの4連休が多いようです。

2015年は2日間も休日とかぶってしまっているので、
例年に比べると、連休は短くなってます。

旅行を考えている方にとっては、
ちょっと残念な結果になってしまいましたね。
2015年は少し短めなお盆休みになりそうです。

大企業(上場企業)

2015年大企業のお盆休み

では、大企業のお盆休みはどうなるでしょうか?
大企業の場合は、業種によってお盆休みは変わってきます。

年間の休日が120日以上ある福利厚生がしっかりした大企業は、
8月8~16日の9連休が多くなります。

ただし、業種によっては大企業でもカレンダーどおり、
4連休でお盆休みが終わる場合もあります。

管理人が勤めていた建設業・流通業では、
カレンダーどおりの連休でした。
業種によって、お盆休みの期間は変わるようです。

お盆って何?どう過ごすのがいい?

 

ここからはお盆についてご説明します。

あの世から帰ってきた先祖や亡くなった人たちを、
供養する期間を「お盆」と言います。

特に、親しい人が亡くなって、49日法要が終わったあと、
最初に迎えるお盆を「初盆(新盆)」と言い、厚く供養します。

盆踊りを楽しいイベントと考えている人もいるかと思いますが、
本来は亡くなった人々との別れを惜しむ意味があり、
少し寂しい行事なんですね。

 

では、お盆はどのように過ごすのがいいのでしょうか?

お盆だからと、あまり肩肘張って何かする必要はありません。
お墓参りに行って、故人を偲ぶのが一番だと思います。

旅行や行楽も楽しいと思いますが、
ゆっくりと故人を偲ぶのもいいではないでしょうか?

以上、お盆に関する記事でした。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です