寒暖差アレルギーの症状と対策!花粉症との違いは?

季節の変わり目に体調が悪くなったり、鼻水が止まらなくなるときありませんか? もしかするとそれは、寒暖差アレルギーかもしれません。

私自身、気温の落差が大きい時期が苦手で、よく風邪ひいたり、体調を崩したりします。最近、寒暖差アレルギーのことを知って、「寒暖差アレルギーの影響があったのかも?」と、思い当たる部分がありました。

今回は、寒暖差アレルギーの症状と対策、また花粉症との違いについてご紹介します。

Sponsored Links

寒暖差アレルギーとは?

大きな温度差によって、咳・くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を引き起こすことを寒暖差アレルギーと言います。

自立神経が対応できる温度差は7度と言われて、その温度を超えると自立神経が乱れます。自立神経が乱れると、鼻の粘膜の血管が広がり粘膜がむくんで、鼻づまりなどのアレルギー症状を引き起こすようです。

特に、男性に比べて筋肉量が少なく、体内で熱を作るのが苦手な成人女性がなりやすい傾向にあります。

鼻をかむ女性の画像

寒暖差アレルギーの症状

寒暖差アレルギーの特徴的な症状

  • 鼻づまり
  • 鼻水
  • 食欲不振
  • 睡眠障害
  • 疲れやすい
  • イライラする

軽い発熱を伴うこともあって、風邪と勘違いする方も多いようです。

また、花粉症とも症状が似ているので「花粉症かな…?」と思う方もいるようですが、大きな違いが二つあります。

一つは、花粉症のように目が充血しないこと。花粉症の場合は目がかゆくなることがありますが、寒暖差アレルギーにはこのような症状はほとんど出ません。

そして、鼻水も無色透明なのが、寒暖差アレルギーの特徴です。これらの症状が当てはまるなら、寒暖差アレルギーかもしれません。

寒暖差アレルギーにならないための対策

寒暖差アレルギーにならないための対策はシンプルで、スバリ「寒暖差をできるだけなくすこと」です。

例えば、極端な温度変化に体をさらさないように、こまめに服を着替えて体温調節したり、マスクをして鼻の粘膜を潤すなどの対策が有効です。

ぬるめのお風呂に入ってリラックスすることも、自律神経を整えるのに効果があるので、試してみてください。アロマの香りの入浴剤なんか良さそうですよね。

以上、寒暖差アレルギーに関する記事でした。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です