夏風邪が長引く原因と簡単にできる対処法

夏風邪は長引くからやっかいだ…」こんな話を聞いたことがありませんか?

風邪の原因になるウイルスは200種類以上あります。夏風邪を引き起こすのは、湿度が高くて暑い環境を好むウイルスです。

夏と冬では、風邪の原因になるウイルスが異なるため、治し方も違う場合があります。もし、夏風邪なのに冬風邪と同じ対処をしていると、症状を長引かせることもあるんですよ。

そこで今回は、夏風邪が長引く原因と簡単にできる対処法についてご紹介します。

Sponsored Links

夏風邪の症状とは?

夏風邪の初期症状に多いのが、のどの違和感・痛みです。この症状が現れたら「夏風邪かも…?」と、考えた方がいいようです。

その後、夏風邪を本格的にひくと、以下のような症状が現れます。

夏風邪の症状【まとめ】

  • 下痢・腹痛
  • 高熱
  • 頭痛
  • 鼻水
  • 咳(せき)
  • 寒気・だるさ

基本的には普通の風邪と同じですが、夏風邪の特徴は下痢や腹痛など胃腸系の不調多いことです。

これは夏場活発になるウイルスによって引き起こされます。例えば、最近流行している手足口病やヘルパンギーナなどは、夏場の環境を好むウイルスの代表です。

のどの痛みがあって胃腸の調子が悪いなら、夏風邪ウイルスによる体調不良かもしれません。

簡単にできる夏風邪の対処法

咳をしている女性夏風邪ウイルスに効く特効薬はありません。ゆっくり休養を取って、免疫力を高めることが最善です。以下に簡単にできる夏風邪の対処法をご紹介します。

解熱剤にはできるだけ頼らない

「風邪をひいたら、すぐに薬を飲んだ方がいい」と、よく言われてますよね。

しかし、解熱剤で熱を下げると、免疫力が下がって風邪を長びかせる要因になります。できるだけ薬に頼らず、しっかり睡眠をとることがおすすめです。

もし、高熱が続く場合や39度以上の高熱のときは、早めに病院に行きましょう。

下痢止めの薬は使わない

夏風邪の場合は、胃腸の不調が起こりがちですが、下痢止めを飲むのはよくありません。腸内にいる夏風邪ウイルスの排出を妨げて、夏風邪が長引く原因になるからです。

また、下痢の場合は脱水症状を引き起こしやすいので、水分補給にも気を配りましょう。塩分の入ったスポーツドリンクなどが有効です。

高熱ではない限り、入浴する

高熱でないのなら、風呂に入って汗や汚れを洗い落とすことがおすすめです。汗や汚れには、夏風邪ウイルスが付いていることが多いためです。

また、入浴によって新陳代謝を上げることで、症状を改善する効果があります。二次感染を防ぐためにも、できるだけ入浴しましょう。

まとめ

以上が、夏風邪の正しい治し方になります。風邪が長引いている方は、是非参考にしてください。

夏風邪の初期症状である「のどの痛み」には、消炎効果のある生姜湯がおすすめです。夏風邪を長引かせないためにも、栄養をしっかり摂って体力を回復させましょう。

以上、夏風邪に関する記事でした。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です