秋の花粉症による原因と症状!風邪との違いは?

花粉症と言えば、春先のスギやヒノキを思い浮かべる人が多いと思いますが、秋の花粉症にも注意が必要です。

季節の変わり目で体調を崩しやすいこともあって、風邪と間違える方も多いようです。

この時期の鼻水・くしゃみは、「風邪」ではなく「花粉症」の可能性があります。しっかり見極めて対策をしないと、症状を悪化させることにもなります。

そこで今回は、秋の花粉症による原因と症状についてご紹介します。風邪との違いをチェックして、正しい対策をしましょう。

Sponsored Links

秋の花粉症による原因と症状

秋の花粉症は、道端・空き地・河川敷などに生えている草花の花粉が原因です。具体的な植物の種類は、以下のとおりです。

花粉症を引き起こす植物

■キク科

  • ヨモギ
  • ブタクサ
  • セイタカアワダチソウ

■クワ科

  • カナムグラ

■イラクサ科

  • カラムシ

ヨモギやブラクサは有名だと思いますが、これらの植物が秋の花粉症の原因になります。開花時期は8~10月になるので、この時期には注意しましょう。

また、どのような症状を発症するかと言うと、一般的な花粉症の症状と変わりません。

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 目のかゆみ

などの症状が引き起こされます。

風邪との違いは

くしゃみをする男性鼻風邪と勘違いする方も多いのですが、花粉症と風邪の違いは主に2つあります。

1つは鼻水です。風邪の鼻水は黄色く粘り気がありますが、花粉症の鼻水は透明で水っぽいことが多いです。

もう1つは目のかゆみ。花粉症の場合は目のかゆみがありますが、風邪で目がかゆくなることはほとんどありません。

また、秋の花粉症は症状が長引く傾向にあり、良くなったり悪化したりを繰り返すことも特徴です。これらの症状が1週間以上続く場合は、花粉症かもしれません。

その場合は病院に行って原因植物を特定することが、一番の対処方法です。

予防対策

マスク秋の花粉症の原因となる植物は背の低い草花で、花粉の飛散距離が長くありません。したがって、花粉症の原因となる植物に近づかないことが予防対策になります。

どうしても草花の多い場所に行かなければならない場合は、帽子やマスクなど防備を万全にしましょう。花粉が、鼻・口・目などに入らないようにすることが大切です。

また、外出から家に入る前には、衣服を払って花粉を落としましょう。手洗いうがいを徹底することで、花粉症から身を守ることができます。

花粉症には鼻うがいも効果があるので、試してみてください。以上、秋の花粉症に関する記事でした。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です