2016年お月見の時期はいつ?由来と意味も要チェック

お月見と言えば、白い団子をお供えして満月を楽しむイベント、という印象がありますよね。

実際、秋の月は輪郭がくっきり見えて、美しく感じます。これまで意識せず過ごしてきた方も、今年はお月見を楽しもうと思っているのではないでしょうか。

そこで今回は、2016年のお月見の時期やその由来について調べてみました。

Sponsored Links

お月見の時期はいつ?

お月見とは、旧暦8月15日と旧暦9月13日に行われる月を鑑賞する行事です。

旧暦8月15日の月を「中秋の名月」や「十五夜」と呼び、旧暦9月13日の月を「十三夜」と言います。旧暦の8月15日と9月13日ですから、現在とは日にちが違っていて毎年時期が変わります。

2016年のお月見の時期がいつになるかというと、

  • 十五夜は9月15日
  • 十三夜は10月13日

になります。

ちなみに、十五夜か十三夜のどちらか一方しか観ないことを片見月と呼びます。昔の人は片見月を縁起が悪いこととしていたようです。

これは要注意ですよね。管理人は片見月のことを今回初めて知りました。最近はあまり聞いたことがありませんが、縁起が悪いと言われると気になるもの。

十三夜を忘れないようにメモしておかないと、そのまま過ぎてしまいそうですね。

お月見の由来と意味

お月見の画像元々、お月見は奈良~平安時代の初め頃に中国から伝わってきた、かなり古い時代に伝来した風習です。

その後、秋の収穫祭と結びついて、秋の実りに感謝する意味を持つようになります。そして、満月に豊作を祈願し、お団子・すすき・サトイモなどを供えるようになりました。

月見団子は有名ですよね。地域によっては、十五夜にお供えする個数は15個、十三夜では13個積み上げることが決まっているところもあるようです。

今では、供えた団子を食べるのが楽しみになっていますが、本来は豊作を祈る行事だったんですね。

ちなみに、お月見に添えたすすきには魔よけになるという俗信があるため、すぐには捨てずに庭やベランダに差すこともあるようです。

最後に

いかがでしたでしょうか? お月見って思ったよりも歴史のある風習なんですね。

忙しいと意識せずに過ごしてしまいそうですが、今年はお供え物して月見を楽しもうかなと思ってます。

また、気になる片見月についてもっと詳しく知りたい方は、2度見ないと縁起悪い?お月見の由来や起源を知ろう!をチェックしてみてください。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です