大人もプール熱に感染する?子供より症状は重い?

初夏から秋にかけて流行することが多いプール熱。夏風邪の一種で、正式名称を咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)と言います。

プールを介して感染することが多いことから「プール熱」と呼ばれ、主に子供が感染します。

「じゃあ、大人には感染しないのか?」と言うと、そんなことはありません。例えば、子供がプール熱にかかり看病するとき、しっかり対策を取らないと大人にも感染します。

大人がプール熱に感染した場合、どのような症状になるのでしょうか。感染経路・潜伏期間・予防対策とあわせてご紹介します。

Sponsored Links

大人と子供ではプール熱の症状が違う

プール熱の原因となるのはアデノウイルスです。アデノウイルスは感染したあと、約5~7日間の潜伏期間を経て症状が現れます。

プール熱の主な症状

  • 高熱
  • 喉の痛み
  • 目の充血
  • 頭痛
  • 食欲不振
高熱の場合、突然39~40℃の熱が出て、その状態が3~7日間持続することがあります。また、子供と大人の症状に違いはありませんが、大人は喉の痛みが特に激しいようです。

水分を取ることも億劫になるほど喉が痛くなる場合があり、脱水症状を引き起こしたりする場合があるので要注意です。

プール熱の予防対策

マスクまず、プール熱の感染経路を確認しましょう。プール熱の感染経路は、咳やくしゃみによる「飛沫感染」や手・皮膚からの「接触感染」です。

そして、大人が最も感染する確率が高いのは、子供がプール熱に感染して看病しているとき。看病疲れで体が弱って免疫力が低下していると、より感染しやすくなります。

したがって、子供の看病をするときはマスクを着用して、咳やくしゃみによる飛沫感染を防止しましょう。また、嘔吐物や便を処理した後はしっかり手洗いうがいをすることが大事です。

アデノウイルスは感染力が強く、洗濯物やティッシュなどからも感染するので、取り扱いには注意しましょう。

ちなみに、プール熱には特別な治療薬はありません。治療法はそれぞれの症状に合わせて、解熱剤や点眼薬などを処方する対症療法になります。

最後に

プール熱は予防対策をしっかりすれば、充分に防げる夏風邪です。しかし、油断して予防を怠ると、大人でも発症してしまいます。

「大人はプール熱にはかからない」と決めつけず、しっかり予防対策しましょう。以上、プール熱に関する記事でした。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です