秋雨前線とは何?時期はいつから?梅雨前線との違い

夏から秋への移行期になると、ちょっと冷たい小雨が降るようになりますよね。

これは、日本の南岸沿いに現れる停滞前線の影響で秋雨前線と呼ばれています。「秋の長雨」や「秋霖(しゅうりん)前線」とも言われたりします。

この季節の雨は、空気も冷たくなりますよね。シトシト降る雨を見ると、「秋だなあ」という感じがします。

今回は、秋雨前線の時期やメカニズム、梅雨前線との違いについてご紹介します。まずは、秋雨前線の原因やメカニズムから見ていきましょう。

Sponsored Links

秋雨前線の原因とメカニズム

8月も後半になると、本州一帯に猛暑をもたらした「太平洋高気圧」の勢いが弱まります。

そして、夏から秋へ移行するにつれ、大陸の冷たい高気圧「オホーツク海高気圧」が強くなり、日本海や北日本方面に南下します。

「太平洋高気圧」と「オホーツク海高気圧」という性質の違う空気がぶつかると、大気の状態が不安定になって秋雨前線が発生するんですね。

秋雨前線の時期は9月初め~10月下旬ぐらいです。この時期になると、オホーツク海高気圧の勢いが強いので、シトシトと冷たい雨の日が多くなるわけです。

秋雨前線は梅雨前線と何が違うの?

秋雨前線暖かく湿った暖気と冷たく乾いた寒気がぶつかり大気が不安定になるという点では、秋雨前線と梅雨前線に違いはありません。

しかし、梅雨前線に比べると、秋雨前線は勢いが弱く小規模になります。

梅雨の時期は曇りや雨の日は長続きして、「梅雨入り」や「梅雨明け」がありますが、秋雨ははっきりとした区切りはありません。

また、秋雨前線は北から南下してくるため、東日本ほど雨量が多くなります。逆に、梅雨前線は南から北上するので、西日本の方が雨量は多くなります。

秋雨前線のココに注意!

規模も小さく小規模な秋雨前線ですが、注意しなければならないのは台風なんですね。台風の暖かく湿った気流が秋雨前線に流れ込むと、猛烈な豪雨になることがあります。

梅雨前線に比べると小規模な秋雨前線ですが、台風の影響で大規模な水害を引き起こすこともあります。ですので、秋雨前線と台風が近づくときに外出される方は注意が必要です。

この時期は、天気予報をしっかり確認して、折りたたみの傘を持ち運ぶようにしましょう。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です