マイコプラズマ肺炎 大人の症状!放置すると入院が必要!

毎年流行するようになったマイコプラズマ肺炎。以前は4年毎に流行が見られたため、「オリンピック病」と言われていたそうですが、近年では全国的に多発しています。

幼児や子供など5~12歳に発症する場合が多く、症状も軽症であることが多いようです。ただ、大人が感染した場合、風邪と間違えて放置すると、重症化して入院するケースもあります。

そこで今回は、マイコプラズマ肺炎の大人の症状に関する情報を詳しく調べてみました。

Sponsored Links

マイコプラズマ肺炎とは?

「肺炎マイコプラズマ」という細菌に感染することで起こる呼吸器感染症をマイコプラズマ肺炎と言います。

季節的には初秋から冬にかけて流行し、学校や会社など集団生活している環境で感染が拡がっていくことが多いようです。

感染経路は、唾液(だえき)や咳(せき)で人にうつる飛沫感染や接触感染です。感染しても症状が軽い場合が多く、気づかないうちに感染が拡大してしまうケースがあります。

マイコプラズマ肺炎の症状

咳をする人の画像

大人がマイコプラズマ肺炎に感染すると、以下のような症状を引き起こします。

マイコプラズマ肺炎の主な症状

  • 発熱
  • 喉(のど)の痛み
  • 鼻水、鼻づまり
  • 倦怠感・だるさ
  • しつこい咳(せき)

風邪のような症状なので、初期段階では見分けるのが難しい特徴があります。もし、市販の風邪薬を飲んでも症状が緩和されない場合は、マイコプラズマ肺炎を疑った方がいいかもしれません。

特に要注意なのが、痰(たん)がからんだ咳が長期間続いている場合です。

初期段階では軽い症状なので、病院に行かなくても大丈夫と思うかもしれません。しかし、大人の場合は咳の症状がひどくなり、夜間や早朝に症状が強くなります。

眠ることができないくらい苦しくなることもあるので、咳が長引いているときは、早めに病院に行きましょう。

症状が重くなると入院が必要になります。完治するのに1ヶ月くらい時間がかかることもあるので、早めの対策が大切です。

最後に

マイコプラズマ肺炎は、風邪と同じような予防対策が有効です。小まめに手を洗ってうがいをすること、人混みの中ではマスクを着用することが大切です。

もし、咳の症状がある場合は、感染拡大を防止するために咳エチケットを忘れずにしましょう。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

2 件のコメント

  • インフルエンザを発症し、病院で薬を処方してもらい飲むも10日過ぎても症状が治まらず再度病院で診てもらうとマイコプラズマの可能性が高く入院が必要と言われました。
    インフルエンザとマイコプラズマや他の風邪を併発することはまれにあるのでしょうか?
    とりあえず入院で完治の見通しがたたなければ仕事もずっと休職とはいかないので退職せざるえないとなりますが、その際国の補償はあるのでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

    • コメントありがとうございます。
      大変な状況のようですね。心中お察しいたします。

      マイコプラズマ肺炎の合併症としては、無菌性髄膜炎、脳炎などの中枢神経系や、肝炎などの肝機能障害を併発することが、まれにあるようです。

      また、国の補償に関しては、社会保険事務所の管轄になると思うので、詳しくはお近くの社会保険事務所に確認した方がいいと思いますよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です