帯状疱疹の初期症状に注意!他人にうつる可能性は?

水ぼうそうを引き起こす帯状疱疹(たいじょうほうしん)は、水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスによって起こる病気です。

特に50歳以上の高齢者に多い病気ですが、近年は若い人が発症することも増えているようです。

治療が遅れると痛みが慢性化する可能性があるため、初期症状をしっかり把握して正しい治療やケアが必要です。

今回は、帯状疱疹の原因や症状、他人にうつるのかなど、疑問点を調べてみました。

Sponsored Links

帯状疱疹の原因

帯状疱疹は水ぼうそうに感染した人なら、誰でも病気になる可能性があります。

というのも、水ぼうそうが治ったあとも、ウイルスは神経の細胞が集まる神経節に長期間潜伏して休眠しているからです。

帯状疱疹

ウイルスが帯状疱疹となって現れるのは、過労・ストレスなどで免疫力が低下したときです。

体が弱ったり体調不良になると、ウイルスが再活性化して帯状疱疹を引き起こすというわけです。

帯状疱疹の初期症状について

では、帯状疱疹の初期症状はどのようなものでしょうか?

まず初めに症状として現れるのが、皮膚にチクチクするような痛みや痒みです。その後、痛みのある部分に赤い発疹ができて、帯状に広がっていきます。

帯状疱疹の主な特徴は、

  • 身体の左右どちらか片側に現われる
  • 加齢とともに発症しやすくなる

ということ。

このような特徴がある症状が現れた場合、帯状疱疹の可能性があります。

放置していると慢性的な痛みになる帯状疱疹後神経痛で苦しむことになるので、すぐに皮膚科を受診しましょう。

こちらの動画解説も確認してみてください。帯状疱疹についてよくわかると思いますよ。

帯状疱疹が人にうつる可能性は?

帯状疱疹が他人にうつることはありません。ただ、帯状疱疹の原因は、水ぼうそうのウイルスなので、「水ぼうそう」が他人に感染する可能性があります。

ですので、これまで「水ぼうそう」に感染したことがない子供はうつる可能性があるので、接触は避けた方がいいようです。

特に気を付ける必要があるのは、水ぼうそうにかかったことのない妊婦の方です。母体を介して胎児に感染すると、障害を受ける可能性があるので、十分注意が必要です。できるだけ接触しないようにしてください。

帯状疱疹は免疫力の低下が原因になります。規則正しい生活と、栄養バランスの摂れた食事を心掛けて、免疫力を維持しましょう。

以上、帯状疱疹に関する記事でした。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

3 件のコメント

  • 帯状疱疹になって4日目です。
    都立多摩総合医療センター皮膚科で治療しています。
    バルトレックス錠 一日3回6錠服用しています。
    右首から右胸にかけて水ぼうそうのようにぼつぼつと赤くなっています。症状はよくも悪くも成らず薬の効果は服用2日目ですが分かりません。

  • 帯状疱疹は、ほぼ完治しましたがチクチクした痛みはまだ有りしばらく残るそうです。
    体調は、気だるく気力集中力が落ち、疲労感が有ります。
    免疫力が低下して他の病気を警戒しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です