台風の最新進路を予想する方法!米軍サイトもチェック

台風が日本に上陸する可能性があるとき、台風情報をしっかりと調べておきたいですよね。

特に、旅行や出張の方は、台風による交通機関への影響が気になりますよね。台風の規模や進路予想をできるだけ正確に把握したいと思う人も多いでしょう。

そこで今回は、台風の最新進路を予想できるサイトをご紹介したいと思います。日本の気象情報だけでなく、米軍のサイトも確認しましょう。

Sponsored Links

台風情報おすすめサイト

気象庁の台風情報

国土交通省の外局である気象庁が提供する台風情報。多くの報道機関が参考にしているサイトなので、まず初めに確認しておきましょう。

気象庁(台風情報)

tenki.jpの台風情報

日本気象協会が運営するサイト。台風に関する情報も多く、気象庁より見やすいかなと思います。サービスや情報量も豊富で、iPhone用アプリもあります。

tenki.jp(台風情報)

Joint Typhoon Warning Center (JTWC)

アメリカ米海空軍が提供しているサイト。ハワイの海軍太平洋気象海洋センターに設置された機関です。

Joint Typhoon Warning Center

JTWCの見方

英語なので読みづらいですが、「台風の名前」を確認して「TC Warning Graphic」をクリックしてください。

台風の名前がわからなければ、いくつか「TC Warning Graphic」をクリックしてください。日本列島が出てくる地図が目的の台風です。

この図の中で、「××/×× z」と書いてあるのは日にちと時間です。「××(日にち)/××z(時間)」ということになります。

「××Z」と書かれた時間ですが、協定世界時で日本時間とは違います。表記されている時間に、9時間プラスすると日本時間になります。

まとめ

上記で紹介したサイトで、台風情報を複数確認すると、精度が上がると思います。予想進路を見比べれば、高確率の予想進路がわかりますよね。

たまに、気象庁のデータと米軍提供のデータが違ったりしてます。この場合、進路予想にいくつかの可能性があって、予測しづらい台風なんだと確認できるはず。

台風の被害に合わないためにも、前もって情報を把握しておきましょう。以上、台風情報に関する記事でした。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です