心療内科と精神科の違いとは!扱う病気の違いは?

「心療内科と精神科は何が違うんだろう」と疑問に思ったことありませんか?

どちらも心の治療をする点では同じで、一般的には差がないように思われていますが、治療範囲や専門性に違いがあるようです。

初めて心療内科や精神科を受診しようとする方は、なかなか区別がつかないのではないでしょうか? そこで、今回は心療内科と精神科の違いについて疑問を調べてみました。

Sponsored Links

心療内科と精神科の違い

心療内科

心療内科の治療は、ストレスなど心の問題から引き起こされる体の病気を治すことを目的としています。

病気に対して心身両面からアプローチするわけですが、どちらかというと心の病気が原因になる「体の病気」を治療することがメインになるようです。

心療内科で扱う病気

  • 心身症
  • 過敏性腸症候群
  • 頭痛
  • 摂食障害
  • パニック障害
  • 社会不安障害
  • うつ状態

精神科

一方、精神科は、うつ病や不安障害などの心の病気を治療することが主目的です。

したがって、体の病気を治すというよりも、不安や妄想などの「心の症状」を治癒することがメインです。

精神科で扱う病気はこちら

  • 気分障害(うつ病・躁うつ病)
  • 神経症性障害(恐怖症、強迫神経症)
  • ストレス関連障害(適応障害など)
  • 身体化障害・心気症
  • 統合失調症

どちらを受診したらいいの?

病院

心療内科と精神科のどちらを受診すればいいのかは、判断が難しいところです。

例えば「うつ」に関しても、うつ状態からくる「体の不調」は心療内科になります。一方、うつ病は精神科で治癒することになりますが、体の不調が起こる場合もありますよね。

こうなると、専門外の人間が心療内科と精神科どちらか判断するのは、ちょっと難しいわけです。

はっきりと原因がわかって、心療内科と精神科どちらを受診すればいいのか、判断がつくなら問題はありません。

もし、心療内科と精神科どちらを受診するのか迷っているなら、心療内科・精神科・神経科など各診療科が揃っていて実績豊富な「大学病院」や「総合病院」で受診するのがいいようです。

大学病院や総合病院なら総合的に原因を調べてもらうことができるので、治療するために一番確実かもしれませんね。以上、心療内科と精神科の違いに関する記事でした。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です