インフルエンザの予防接種!料金と適切な時期について

冬になる毎年流行するインフルエンザ。インフルエンザに感染すると、高熱が続いて大変な思いをしますよね。

特に、高齢者や子供は重い健康被害に至る可能性があるので、予防は重要になってきます。そのための対策として、インフルエンザの予防接種を考えている方も多いのではないでしょうか?

今回は、インフルエンザ予防接種の料金や適切な時期についてご紹介します。

Sponsored Links

予防接種の適切な時期

例年、インフルエンザが流行し始めるのが11~12月頃になります。そして12月下旬~3月にかけてピークを迎えます。

流行する期間に合わせて予防接種するのが適切ですが、注意点が1つあります。

予防接種の効果が現れるのに約2~3週間かかるということです。その後、予防接種の効果は5カ月程度持続することになります。

したがって、インフルエンザが増え始める12月に抗体ができている状態にするには、11月の上旬には予防接種を受ける必要があります。

インフルエンザは12月下旬頃から本格的に流行するので、遅くても11月末までに予防接種を受けることをおすすめします。

予防接種の料金

030278料金に関してですが、インフルエンザの予防接種は保険外診療(自由診療)となるため、病院によって料金が違います。

一般的には、大人が3000円前後で、子供が2500円前後が多いようです。近くの病院に連絡して、料金やインフルエンザ予防接種に関する疑問を確認しましょう。

インフルエンザにならないためには?

予防接種によって感染リスクを減らすことはできますが、完全になくすことはできません。普段の生活の中で、インフルエンザにならないように予防することが重要になってきます。

インフルエンザの感染経路は、くしゃみや咳(せき)などによる飛沫感染や、空気中に漂うインフルエンザウイルスを吸い込む空気感染です。

したがって、人混み・雑踏ではマスクを着用すること、外出から戻ってきたら手洗い・うがいを徹底しましょう。

まとめ

適切に予防をすると、インフルエンザに感染するリスクを減らすことができます。

しかし、予防を十分にしてもインフルエンザに感染する場合もあるので、インフルエンザの症状をあらかじめ確認しておくことも大切です。

インフルエンザの症状についてわからない方は、インフルエンザの症状!検査に行くタイミングは?もチェックしておきましょう。

インフルエンザは感染すると本当に大変ですからね。念には念を入れて、予防対策をしっかりしましょう。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です