七五三 お参りの時期はいつ?数え年と満年齢どちらで祝うの?

子供の成長と幸せをお祝いする七五三。子供の晴れ着姿を楽しみにしている家族や親戚の方々も多いと思います。

家族で祝う大切な節目になるわけですが、一生で何度もあるわけではありません。中には、3・5・7才に祝うのは知ってるけど、お参りの時期や年齢に関することは知らないという方もいるかもしれません。

そこで、今回は七五三のお参りの時期と年齢に関する疑問を調べてみました。

Sponsored Links

七五三のお参り時期は?

七五三とは、子供が無事に育ったことを神様に感謝し、子供の健やかな成長を祈願する行事です。

七五三のお参りの時期は、11月15日に行うことが一般的です。ただし、日にちにこだわる必要はなく、10月中旬から11月下旬の間で都合のいい日を選べばいいようです。

家族でお祝いしやすい土日などは、かなり混雑します。できれば平日の休みを利用して、七五三のお祝いやお参りすることをおすすめします。

数え年と満年齢、お祝いはどちらがいい?

七五三の衣装を着た子供たちまず、数え年と満年齢について説明します。

数え年とは、生まれた時点を1才として、それ以降正月を迎えるごとに1才加える数え方です。例えば、12月に生まれた子は生まれた時点で1才で、直後の正月で2才になります。

満年齢とは、生まれた時を0才として、それ以降誕生日を迎えた時に1才加える数え方です。現代の一般的な年の数え方になります。

七五三を数え年と満年齢、どちらで祝うか迷う方がいるようですが、結論から言うと特にこだわる必要はありません。

昔は数え年で行うのが一般的でしたが、現在は数え年でも満年齢でもどちらでも問題ないようです。

地域によっては数え年で祝うところもありますし、ご家族や親族でこだわりがある方もいますので、柔軟に決めればいいと思います。

最後に

七五三のお祝いは、数え年でも満年齢でもどちらでも構いません。

ただ、1年の違いって大きいですよね。3歳でも1年違えば、着物が着せやすかったり、聞きわけがよかったりしますからね。

そう考えると、満年齢で七五三を祝った方がいいのかなという気もします。この辺は考え方ということになります。

子供の今後の幸せを祈願する行事ですから、一番は子供に無理をさせないことが重要ですよね。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です