二日酔いの治し方!頭痛・吐き気に最も効く解消法とは?

年末になると、忘年会や新年会など飲み会の機会が増えてきますよね。楽しくてついつい羽目を外し、翌朝、二日酔いで後悔するなんてことありませんか?

二日酔いだとテンションも下がっていしまいますが、早く治す解消法がわかっていれば安心です。今回は、二日酔いの症状である頭痛や吐き気をできるだけ早く治す解消法をご紹介します。

Sponsored Links

二日酔いの治し方はコレ!

二日酔いは、自身の代謝能力以上にアルコールを摂取することで引き起こされます。

頭痛や吐き気の原因は、1つだけではありません。以下のような原因が複合して、二日酔いになります。

二日酔いになる要因

  • アルコールの分解による、アセトアルデヒドによる中毒
  • アルコールの利尿作用による脱水症状
  • 糖分が足りない低血糖状態
  • 過剰な胃酸分泌による胃炎

このことを踏まえたうえで、最も効果的な解消法をご紹介します。

まずは、水分を補給する

アルコールには利尿効果があるので、脱水状態になりやすい特徴があります。脱水症状になることで、毒性の強いアセトアルデヒドも体に残ることになり、頭痛や吐き気などにつながります。

また、アルコールによる胃粘膜への刺激で胃炎を起こし、吐き気などの原因にもなります。したがって、水分を補給して尿を出すことで体内のアルコールを排出することが重要です。

アセドアルデヒドの血中濃度を下げる効果もあるので、まずはできるだけ水分補給をしましょう。

おすすめなのは、スポーツドリンクです。アルコールによって失われた電解質や糖分、塩分を補給するのに効果的です。スポーツドリンクがない場合は、水やお茶でも問題いありません。

ビタミンや糖分を摂る

糖分が不足すると、頭痛やだるさなどの二日酔いの症状を引き起こします。水分補給後は、果物などでビタミンや糖分などを多く摂取するのがおすすめです。

特に、グレープフルーツや柿は、肝機能を促進する効果が高いというデータがあるので積極的に食べましょう。

果物解毒に効果的なアミノ酸(システイン)やエネルギー源のタンパク質を豊富に含む卵料理もおすすめです。

もし食事が取れないほどの状態なら、果汁ジュースでも問題ありません。糖分をしっかり摂りましょう。

シャワーを浴びる

前日、お風呂に入らず、そのまま寝てしまうことも多いと思うので、シャワーを浴びてスッキリさせましょう。

あくまでも、体を洗って気分転換するのが目的です。風呂で汗と一緒に有害物質を出そうとする方がいますが、これはあまり効果がありません。

風呂で汗をかこうとすると、血液が全身に拡散して肝臓での代謝作用が悪くなり、改善の妨げになります。なので、シャワーは軽めに浴びて体がスッキリしたら、すぐに出ましょう。

ちなみに、運動で汗をかくというのも代謝作用が悪くなるので、おすすめしません。

寝る

寝ている男性水分を補給して食事を済ませ、シャワーを浴びたら早めに寝ましょう。睡眠を取ることが、肝臓での代謝作用を最も効果的にする対処法になります。

これまで紹介した対策をとっておけば、目が覚める頃にはだいぶ症状が改善すると思います。

最後に

いかがだったでしょうか。二日酔いで苦しい思いをしてる方は、今回紹介した方法を試してみてください。

なお、二日酔いはコリゴリだという方は、二日酔いを防止しよう!予防対策で効果的な食べ物・飲み物は?もチェックしておきましょう。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です