二日酔いを防止しよう!予防で効果的な食べ物は?

忘年会や新年会など飲み会が多い時期は、飲み過ぎによる体調不良が心配ですよね。次の日が休みならいいけど、仕事の時は非常につらいし、二日酔いになったら最悪です。

アルコールは間違った飲み方で、二日酔いを起こします。正しい知識がないと、量を飲んでなくても二日酔いになることがあるんです。

二日酔いを防止するためにどのような予防対策をとればいいのでしょうか? 今回は、二日酔いを防止する効果的な食べ物や飲み物をご紹介します。

Sponsored Links

二日酔いの防止対策はコレ!

二日酔いにならないために大事なことは、「食事前」「食事中」「食後」の予防対策を万全にすることです。

どのようなアルコールの飲み方をするか、食べ物や飲み物をどう摂るかで、翌日の体調が全く変わってきます。二日酔いの効果的な防止対策は、以下の方法がおすすめです。

食事前の対策

空腹のときに飲むと、アルコールが急激に体内に吸収されて二日酔いや悪酔いの原因になります。吸収を遅くするためには、飲み会の前に少しでも食べておき、空腹を避けることが重要です。

おすすめの食べ物は脂肪分を多く含む食品です。チーズなどの乳製品やナッツ・くるみ類、またはドレッシングのかかったサラダ類などがおすすめです。

脂肪分は胃が荒れるのを防ぎ、アルコールの吸収をゆるやかにしてくれるので、アルコール飲む前にはできるだけ摂るようにしましょう。飲み会前に食事を摂る時間がない場合は、何か食べ物を摂ってから飲むようにしましょう。

食事中の対策

お酒を飲んでいるときは、アセトアルデヒドの分解を促進して、肝機能を高めてくれる食べ物を摂りましょう。例えば、タンパク質は肝臓の働きを良くして、アルコールの処理能力を高めてくれます。

魚類、焼き鳥などの肉類や、枝豆・豆腐など大豆食品は良質なたんぱく質が豊富なので、しっかり摂りたいところです。

特に、魚などの海産物は、肝機能を高めるタウリンが豊富に含まれていて、肝臓の細胞を保護する役割があるのでおすすめです。

また、ビタミンCにはアセトアルデヒドの分解を促進する働きがあります。グレープフルーツなどの果物があるならできるだけ食べましょう。

食後の対策

アルコールには利尿作用があり、脱水症状を引き起こします。飲酒後そのまま寝ると、脱水症状による頭痛を引き起こすこともあるので、水分をしっかり補給してから休みましょう。

できれば果汁系のジュースかスポーツドリンクがおすすめです。飲酒による低血糖がもたらす「頭痛」や「倦怠感」を防ぐことができるからです。

以上の防止対策を取りながら、ゆっくりとしたペースで適量を飲めば、二日酔いは防げると思います。

お酒に弱い方におすすめのサプリメント

連日の飲み会で二日酔いになりやすいときは、食事だけではなくサプリメントを活用することがおすすめです。

アルコールに弱い体質なら、飲酒後のアルコール血中濃度を下げてくれるタイプを選んで服用しておきましょう。

参考:アフターラック

アフターラック

アフターラックに含まれる3種の乳酸菌群や酵母菌がアルコールの分解をサポートしてくれます。各種ビタミンや亜鉛など豊富に含まれているので、二日酔い防止だけでなく、健康対策にもおすすめです。

⇒アフターラックの公式サイト

 

以上、二日酔いの防止対策に関する記事でした。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です