RSウイルスの症状!乳児や子供は重症化に要注意!

都市部を中心に感染が拡大しているRSウイルス感染症。

大人は風邪などの軽い症状で終わりますが、乳児や2才以下の子供が感染すると、気管支炎や肺炎など重症化するケースがあります。

そこで今回は、RSウイルスに感染した乳幼児の症状と予防対策をご紹介したいと思います。

Sponsored Links

RSウイルス 乳幼児の症状は?

RSウイルス感染症は11~1月くらいの冬季に流行する病気で、気管や喉など気道に感染することが特徴です。

RSウイルス感染症の主な症状は、以下のとおりです。

乳児の症状

  • 発熱
  • 咳(せき)
  • 鼻水・鼻づまり
  • 息がしにくい

基本的には、風邪と同じ症状になりますが、症状が悪化すると細気管支炎や肺炎になります。

  • ぜいぜい・ヒューヒューという呼吸音・喘鳴(ぜんめい)
  • 激しい咳
  • 高熱が続いている

このような症状があるときは、細気管支炎などの可能性があるので、すぐに病院に行って、検査しましょう。場合によっては、入院する必要があるかもしれません。

RSウイルスの予防対策

赤ちゃんと大人RSウイルスの感染経路は、だ液などの飛沫感染や、ウイルスが付着した物を触って感染する接触感染です。

おもちゃなどにウイルスが付いた場合は、6時間前後、感染力を持っています。感染力が強いので注意が必要です。

重要なのは、乳児だけではなく、大人や家族全員で予防対策をするということです。例えば、

  • 手洗い、うがいを家族で徹底する
  • 人混みの多いところには、なるべく行かない
  • 人が多い場合は、マスクを着用する
  • 体調の悪い家族には、乳幼児を近づけない

といった対策をとりましょう。

RSウイルスは消毒に弱いので、風邪をひいている家族がいる場合は、乳幼児の身の回りのものをこまめに消毒するのも効果的です。

まとめ

3歳までにRSウイルスによる細気管支炎にかかると、7歳半までに喘息になる可能性が10倍以上になるというスウェーデンの報告もあります。

乳幼児がいる家庭は、特に予防対策が重要になります。子供の健康のためにも、しっかり対策をとりましょう。以上、RSウイルスに関する記事でした。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です