赤ちゃんが便秘になる原因と解消法

赤ちゃんの便秘って心配ですよね。赤ちゃんの腸は未熟ということもあり、便秘になりやすい傾向にあります。

とはいえ、1週間近く便秘が続いたりすると不安に思うし、排便時に苦しそうにしている赤ちゃんを見るのは親としてつらいですよね。

そこで今回は、赤ちゃんが便秘になる原因と解消法を調べたので、ご紹介したいと思います。

Sponsored Links

赤ちゃんの便秘の原因とは?

赤ちゃんの便秘になる原因の一つは水分不足です。

離乳食が始まると、母乳やミルクの摂取量が減り、水分が不足しがちになります。また、赤ちゃんは体質的に汗を大量にかきます。

その結果、体内の水分量が不足して便が硬くなり、便秘を引き起こすことがあります。水分をこまめに摂らないことで便秘になるわけです。

また、お腹に入る栄養がミルクだけになると、便秘になりやすい傾向があります。

母乳にはオリゴ糖成分が含まれています。ミルクだけになるとオリゴ糖成分の摂取が少なくなり、腸内のビフィズス菌が減少して活動がにぶくなるからです。

その他、離乳食が偏った内容になることも便秘になる原因になるので、気をつける必要があります。

大事なのは腸内環境を整えること!

赤ちゃんでは、赤ちゃんが便秘にならないためには、何が大切なのでしょうか?

赤ちゃんの便秘解消には、綿棒を使った綿棒浣腸という方法もありますよね。しかし、これは一時的な解消方法であって、根本的な解決にはなりません。

大事なのは、赤ちゃんを便秘になりにくい体質にすることです。腸内環境を整えて、自然に排便できる状態にすることが重要です。

水分補給

具体的な方法は、いくつかありますが、まずは小まめに水分補給することが大切です。

赤ちゃんは良く汗をかくので、水分が不足しがち。親が様子を見ながら、タイミング良くあげることで、水分不足は解消できます。

また、可能であればミルクより母乳の方がいいでしょう。前述したとおり、母乳に含まれるオリゴ糖成分が、腸内のビフィズス菌を増やし、腸内を整えてくれるからです。

オリゴ糖を効果的に摂取したいならこちらを参考に
↓      ↓      ↓

腸内環境を整える食事とマッサージ

ヨーグルトなど乳酸菌を含んだ食べ物や、腸の働きを活発にする食物繊維を含んだ離乳食で、腸内環境を整えることも効果的です。

発酵食品を多く摂ると、善玉菌が優勢な腸内環境になります。成長に必要なアミノ酸も豊富なので、積極的に摂りたいところです。

その他、のの字マッサージや体を動かすことも便秘解消で大切です。いろいろな方法を試してみてください。

のの字マッサージのやり方は、以下の動画を参考にしてみましょう。

まとめ

赤ちゃんの便秘解消について解説しましたが、いろいろ試しても症状が良くならないなら、病院で診察を受けましょう。

もしかしたら、体質的な原因があるかもしれません。この場合、自分だけで解決することが難しいので、専門家に相談してみることが大切です。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です