正月飾りはいつまで?飾る時期と正しい処分方法とは?

正月飾りを飾ってはいけない日があることを知ってますか?

新年を迎える準備で、正月飾りを用意をされている方も多いと思います。正月飾りに関して正しい知識を持っていないと、縁起が良くないこともあるんですよ。

そこで今回は、正月飾りを片づける時期と正しい処分方法をご紹介したいと思います。

Sponsored Links

正月飾りを飾る時期は?

正月飾りは、1年間家を守ってくれる歳神様をお迎えする目印や依り代になります。飾る時期としては、「正月事始め」とされる12月13日~12月30日までの間になります。

一般的には、あまり早く飾るのもおかしいので、クリスマス後の12月26日以降に飾ることが多いようです。ただし、12月29日「9」が「苦」に通じて縁起がよくないので、飾るのにはふさわしくありません。

また、12月31日に飾ることを「一夜飾り」と言い、新年に家庭に幸せを届けてくれる歳神様に対して、礼に欠ける行為にあたるので避けましょう。

したがって、正月飾りを飾る時期として適切なのは、12月26~30日(29日を除く)までになります。

片づける時期と処分方法は?

正月飾り一般的に、元日から7日までを「松の内」と言います。松の内とは、年神様がいる期間のことです。ですから、この期間に正月飾りを片づけるのはよくありません。

門松やしめ飾りを飾っている場合は、1月6日の夜、または1月7日に片づけるようにしましょう。

片づけ方ですが、正月飾りは歳神様をお迎えする目印や依り代なので、粗末に扱うのは縁起がよくありません。

一般的には、地域の神社でお焚き上げするのが正しい方法ですが、出来ない場合は、お清めしてからゴミに出しましょう。

正月飾りを処分する方法

まず、お正月飾りを大きな紙の上に置き、塩で清めて紙に包みます。

生活ゴミと混ざらないように、新しいゴミ袋を用意して正月飾りだけを袋にいれます。

その袋の上からもう一度塩で清めて、歳神様に感謝しながら燃えるゴミに出しましょう。お清めして、感謝の気持ち持っていれば、歳神様も許してくれると思いますよ。

まとめ

玄関に正月飾りを飾ると、新しい年の始まりを感じますよね。来年がいい年になるように、正月飾りを丁寧に扱いましょう。

新年の始まりですから、神様に失礼のないようにしていい年を迎えたいものです。以上、正月飾りに関する記事でした。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です