赤ちゃんのインフルエンザ予防接種!タイミングはいつから?

「赤ちゃんのインフルエンザ予防接種っていつから受けるのがいいんだろう…」このような疑問がありませんか?

小さい子供がインフルエンザにかかると、脳炎や脳症などの重症化リスクがあります。このため、小さい子供がいる親はインフルエンザの予防接種を考えますよね。

ただ、子供が赤ちゃんの場合、「予防接種を受ける必要ってあるのかな…」と、心配に思う方も多いようです。

そこで今回は、赤ちゃんのインフルエンザ予防接種に関する情報を詳しく調べました。

Sponsored Links

赤ちゃんのインフルエンザ予防接種はいつから?

赤ちゃんの場合、インフルエンザ予防接種ができるのは生後6ヶ月以降からになります。

ただし、0歳児の場合は予防接種の効果が低く、病院によっては推奨されない場合もあります。1歳未満の場合は、かかりつけの病院と相談して予防接種するかどうか、決めた方がいいと思います。

赤ちゃんを含め、13才以下の子供は1回の予防接種で十分な抗体が得られないので、2回接種する必要があります。

例年、インフルエンザが本格的に流行するのが、12月~3月になります。ですから、12月上旬には2回目の接種を済ませておくのが理想です。

このとき注意したいのは、1回目の接種から2回目の間隔です。最も効果を高めるためには、1回目の接種のあと3~4週間あけるのがベストです。

なので、遅くても11月上旬には1回目の接種を済ませるように、スケジュールを立てておきましょう。

インフルエンザ予防で大切なことは?

赤ちゃんインフルエンザの予防接種は、感染リスクや重症化リスクを下げる効果がありますが、100%防げるわけではありません。

大事なのは、赤ちゃんの家族がインフルエンザ予防を徹底することです。例えば、1歳未満の赤ちゃんがいる場合、両親やその兄弟はインフルエンザの予防接種を受けておきましょう。

なぜなら、会社や学校など人が多い環境は、インフルエンザに感染するリスクが高くなるからです。家族がインフルエンザウイルスを持ち込まないことが重要です。

また、外出時にはマスクを着用するようにして、帰宅時には手洗い・うがいを徹底しましょう。

大切なことは、赤ちゃんからインフルエンザウイルスを遠ざけること。このことを家族がしっかり認識していれば、予防することは十分可能です。

家族全員でインフルエンザから赤ちゃんを守りましょう。以上、赤ちゃんのインフルエンザ予防接種に関する記事でした。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です