PM2.5とは?人体への影響は?飛散時期に注意!

近年、中国から風に乗って飛散されるPM2.5が問題になっていますよね。ニュースなどで聞いたことがある方も多いと思います。

人体への健康被害が心配されていますが、そもそもPM2.5とは何でしょうか?

今回は、PM2.5とは何か、人体にどのような影響があるのかについてご紹介します。

Sponsored Links

PM2.5とは何?

大気中には、汚染物質が混ざった小さな粒(つぶ)状の物質が浮遊しています。

その中で、大きさが直径2.5μm(マイクロメートル)以下の微粒子状物質をPM2.5と言います。

2.5μm(マイクロメートル)と言われても、なかなかイメージできないと思うので、こちらの図をご覧ください。

PM2.5の大きさ比較

直径では、以下の大きさになります。

  • 人髪(70μm)の約30分の1
  • スギ花粉(30~40μm)の約10分の1以下

非常に小さな微粒子物質であることがわかりますよね。このため、PM2.5は簡単に身体の中へ入ってきてしまうのです。

人体への影響は?

PM2.5が危険なのは、小さな微粒子であるため一度体内に取りこんでしまうと、気管支を通って肺の奥まで入ってしまうことです。

その結果、肺などの呼吸器系に悪影響を与え、気管支炎やぜんそく、肺がんを引き起こすリスクを高めます。また、PM2.5を一定量吸い込んでしまうと、短期的にも様々な症状が現れます。

PM2.5の症状はこちら

  • 目のかゆみ
  • くしゃみ
  • 喉(のど)のかゆみ・違和感
  • 咳が止まらない
  • 気管支炎

最も影響があるのは喉や気管支系です。目のかゆみや、くしゃみといったアレルギー反応を起こすこともあります。

日本の環境基準について

現在、日本の環境基準では、PM2.5の濃度が1日平均値で35μg/m3以下であれば健康に影響はないとしています。

1日の平均値が70μg/m3を超えると人体に影響が出やすくなるので、注意が必要になります。環境省による注意喚起のための暫定的な指針は以下のとおりです。

環境省による注意喚起のための暫定的な指針

画像引用:http://www.env.go.jp/air/osen/pm/info.html

外出するとき、PM2.5の濃度がどれくらいなのか、気になりますよね。自分が住んでる地域のPM2.5濃度を知りたい方は、環境省の大気汚染監視システムを利用して下さい。

そらまめ君

PM2.5の濃度(μg/m3)に注目してください。35μg/m3以上の場合は、マスク着用などの予防対策が必要です。

飛散時期はいつ?

PM2.5が中国から日本へ飛散する時期は、偏西風の影響をうけやすい1~5月になります。この時期は黄砂とも重なるので、黄砂とPM2.5が一緒に飛散することになります。

影響を受けやすい地域は、中国に近い九州地方。特に、福岡や熊本は環境基準を超えやすいので予防対策は必須です。

さらに、四国地方や関西など西日本でも、PM2.5による大気汚染が観測され始めているので、この時期は注意しましょう。

ちなみに、予防対策でマスクを着用する場合、花粉用マスクでは防ぐことができません。正しいマスクの選び方と着用方法を確認したい方はPM2.5対策!マスクの選び方と効果的な着用方法とは?をチェックしてみてください。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

1 個のコメント

  • 有難うございました。たまたまpm2.5を調べていてたまたまこのサイトを見つけました。たまたまが重なったわけですがとても役に立ちました。とてもわかりやすかったですよぉ~(=^。^=)ノ
    最後に本当に有難うございました。m(=。=)m

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です