睡眠不足の解消法!たった15分で楽になる方法とは?

睡眠不足が続くと、しんどいですよね。睡眠が大事だとわかっていても、仕事や勉強などで忙しくて、睡眠時間を確保できない方もいると思います。

そんな方におすすめする睡眠不足の解消法が仮眠です。日中に仮眠をうまく取り入れることで、睡眠不足の悪影響をある程度防ぐことができます。

今回は、睡眠不足を解消する上手な仮眠の取り方についてご紹介したいと思います。

Sponsored Links

上手な仮眠の取り方

仮眠の時間

仮眠をするときは、仮眠をとる時間に注意が必要です。目安は15~20分で、長くても30分以内にしましょう。

それ以上仮眠すると脳が深い眠りに入って、起きた後もしばらく眠気が続いてしまいます。

また、あまり遅くに仮眠をとると夜の睡眠に影響が出るので、夕方前に仮眠を取るようにしましょう。時間帯としては12~14時くらいがベストです。

仮眠の姿勢

寝ている女性基本的に、ソファーで横になってもいいし、椅子に座ったままでも構いません。

「横にならずに、座ったままで!」という方もいますが、個人的には横になって仮眠した方が頭がスッキリするので、それほどこだわる必要はないと思います。

仮眠の姿勢に関しては個人差があると思うので、状況に応じて楽な姿勢をとりましょう。

また、仮眠をするときはアイマスクや耳栓などリラックスしやすい環境を作って行いましょう。仮眠を取りながら、疲れ目のケアもおすすめですよ!

起きた後の眠気対策

コーヒーもし可能であれば、仮眠前にコーヒーや紅茶などを飲んでカフェインを摂取しておきましょう。

カフェインの効果が表れるのは約15~30分後なので、起きる頃に眠気覚ましの効果が期待できます。それでも眠い時は、以下の方法を試してみてください。

眠気対策

  • ガムを噛む・・・セロトニン神経が活性化され、眠気覚ましに有効
  • ストレッチする・・・血流が良くなり、体温も上がるので、目がさえる
  • 冷水で顔を洗う・・・冷たい刺激で、交感神経を刺激
  • 日光を浴びる・・・強い光で眠気を覚ます

自分に合う方法で眠気対策をしてみましょう。いくつか組み合わせると、効果抜群ですよ。

最後に

一般的に、理想の睡眠時間は7時間30分と言われます。

本来であれば、夜の睡眠時間を確保するのがベストですが、中々時間が取れない方は仮眠を上手く取り入れてください。

15分の仮眠でも、脳の疲れを取ることは可能なので、是非試してみてくださいね。以上、睡眠不足の解消法に関する記事でした。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です