鏡餅の意味と由来!鏡開きの時期はいつ?

正月に鏡餅を飾り付ける家庭が多いと思いますが、鏡餅の意味を知っていますか?

鏡餅は、新年に年神様の依り代になる神聖な供え物で、縁起物でもあります。鏡餅を開いて食べる時期にも注意点があるので、その意味を調べておきましょう。

今回は、鏡餅の意味・由来と鏡開きの時期についてご紹介します

Sponsored Links

鏡餅の意味と由来

なぜ、丸い形で重ねた餅に「鏡」が付くのか、不思議に思ったことはありませんか?

昔の鏡は「銅鏡」と言って、青銅製で形が丸かったんですね。主に神事に使われていて、神様が宿るとされていました。

その丸い鏡の形に餅が似ていることから、「鏡餅」と言われるようになり、年神様の依り代になるとされてきました。

043080

また、鏡餅の飾り付けにも意味があります。お餅の上に乗せる橙(だいだい)やみかんは、子孫が代々(だいだい)繁栄するようにという意味です。

紅白の四角い紙で作られた御幣(ごへい)などの飾り付けも、繁栄や長生きの縁起担ぎになります。

丸い餅を2段に重ねるのは、「家庭円満」や「年齢を重ねる生命力が宿る」とされているからです。新年の初めに年神様とともに健康と幸運を祈るという意味が、鏡餅には込められています。

鏡開きで餅を食べる時期は?

033701

鏡餅は飾るだけではなく、食べることも大切です。というのも、鏡餅には年神様の力が宿っており、食べることでその力を授けてもらえると考えられているからです。

鏡開きの時期は、一般的に1月11日になります。年神様がいらっしゃる松の内(1月7日)が明けて、111のぞろ目で縁起がいいという理由からです。

それまでは年神様が宿っていると考えるので、できるだけ食べないようにしましょう。そして、鏡開きの日になったら、鏡餅を割っておしるこやお雑煮を作って食べましょう。

1年の無病息災を願って食べるものなので、正月太りが気になる方もしっかりいただきましょう。

まとめ

管理人は毎年何気なく鏡餅を食べていましたが、実は神聖な供え物で縁起物だったんですね。

今回、鏡餅の意味や由来を知ることができたので、今後は1年の無病息災を願ってありがたく食べたいと思います。

もし、門松やしめ飾りを飾る時期や片づけ方も知りたいかたは、正月飾りはいつまで?飾る時期と正しい処分方法とは?もチェックしてみてください。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です