ピロリ菌の除菌 失敗する原因とは?飲酒喫煙は大丈夫?

胃がんなど、重大な病気のリスクになるピロリ菌。検査によって胃の中にピロリ菌がいるとわかったら、除菌が必要になります。

その際、除菌を成功させるための注意を怠ると、失敗してしまうことがあるようです。こうなると、ピロリ菌を除菌することが難しくなってしまいます。

そこで今回は、ピロリ菌の除菌に失敗する原因と成功率を高める方法をご紹介します。

Sponsored Links

ピロリ菌の除菌で失敗する原因とは?

ピロリ菌の除菌治療では、胃酸分泌をおさえる薬と2種類の抗生物質による「3剤除菌療法」が行われます。

3剤除菌療法では、朝夕2回7日間にわたり治療薬を服用して除菌を行います。そして、1次除菌で失敗した場合は2次除菌に移ります。

胃の中に入った薬

成功率はどのくらいかと言うと、1回目の除菌療法の成功率は約75~80%で、2回目の除菌療法までで約90~95%になります。

基本的に2回目の除菌で多くの方が成功するようですが、失敗するのはどのような理由なのでしょうか。当サイトで調べた結果、除菌で失敗する原因は以下の3つです。

除菌で失敗する3つの原因

  1. 指示された薬を飲み忘れる
  2. アルコールを摂取する
  3. たばこの喫煙

1.指示された薬を飲み忘れる

抗生物質

ピロリ菌の除菌で処方される薬は、朝夕2回7日間しっかり服用する必要があります。

薬を飲み忘れたりすると、治療薬に対して耐性を持つことがあります。その結果、薬が効かなくなって除菌に失敗することがあります。

2.アルコールを摂取する

アルコールを摂取すると、胃酸分泌が多くなり、抗生剤の効果が下がります。その結果、ピロリ菌の除菌が不完全になり、除菌に失敗することがあるようです。

また、除菌で治療薬を服用している間にアルコールを摂取すると、肝臓への負担が増えて体にも良くありません。

2次除菌では薬との相性が悪いので、アルコールの摂取は避ける必要がありますが、1次除菌からアルコールを摂取しない方が無難です。

3.たばこの喫煙

非喫煙に比べると、喫煙者の方が除菌の失敗率が高くなる傾向があるようです。除菌の成功率を下げるという報告が、日本だけでなく海外からもあるようですね。

また、アルコールと同じで胃酸の分泌を促進させる効果があるので、除菌中は喫煙しない方がいいと思います。

以上の3点が、ピロリ菌の除菌に失敗する主な原因として考えられます。ただし、「アルコールも喫煙もあまり関係ないよ」という病院もあるようなので、受診される病院で確認してみてください。

成功率を高める方法は?

ピロリ菌の除菌の成功率を高めるのにおすすめなのが、LG21乳酸菌入りヨーグルトです。

東海大学の髙木敦司教授らによる臨床試験によると、LG21乳酸菌入りヨーグルト112gを、1日2個4週間(除菌前の3週間+除菌中の1週間)摂取した結果、除菌成功率が約10%向上することが確認されています。

ピロリ菌の除菌を確実に成功させたい方は、除菌をする前にLG21乳酸菌入りヨーグルトを食生活に取り入れてみてはどうでしょうか?

また、ピロリ菌の感染経路やどんな人が感染しやすいか気になっている方は、ピロリ菌の感染経路とは?感染しやすいのは大人?子供?もチェックしてみてください。

以上、ピロリ菌の除菌に関する記事でした。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です