夏バテを予防する食事とは?おすすめの食べ物はコレ!

夏になると、疲れやすくなって体がダルくなりやすいですよね。体力・気力も下がってしまい、なかなか食が進まないことも多いものです。

さらに、熱帯夜になると、なかなか寝付けないこともあります。寝不足も重なると、夏バテするのも時間の問題です。夏バテを予防するためにも、しっかり食べて体力をつけることが重要です。

そこで今回は、夏バテを予防する食べ物をご紹介します。

Sponsored Links

こんな食事だと夏バテしやすい!

そうめん・すいか・アイスなど、冷たい食べ物ばかり食べていませんか?

冷たい食事ばかりだと胃腸に負担をかけるだけでなく、栄養のバランスも最悪です。さらに、ビールをグイっと飲んだりすると、余計に夏バテして体調を崩しやすくなります。

体の免疫力も下がり、夏風邪や熱中症になりやすい体質になってしまうんですね。夏バテを予防するためには、どのような食事をとるかがどても大切です。

では、どのような食ベ物がおすすめなのでしょうか?

夏バテを予防するおすすめの食べ物はコレ!

夏バテを予防する食事

クエン酸が豊富な食べ物

「食べ物を前にしても食欲が湧かない・・・」そんなあなたにおすすめなのが、クエン酸を含む食ベ物です。

クエン酸には、消化液の分泌を高める作用があります。さらに、疲労物質の乳酸をエネルギーに変えてくれるから、疲れた体にはピッタリ。食欲増進と疲労回復におすすめです。

クエン酸が豊富な食ベ物

  • 梅干し
  • レモン
  • 柑橘類

消化が良く胃腸を守る食ベ物

食欲がなくなる理由の一つは、胃腸が弱っていること。胃腸を守って消化が良いのが、納豆などのネバネバする食べ物です。

ネバネバに含まれる「ムチン」には、胃腸の粘膜を保護し、内臓機能を助ける働きがあります。整腸作用もあるので、便秘対策にもおすすめ。

消化が良く胃腸を守る食ベ物

  • 納豆
  • めかぶ
  • ヤマイモ
  • 昆布
  • おくら

ビタミンB1を含む食べ物

慢性的な疲れを防止するためには、ビタミンB1を豊富に含む食べ物がおすすめです。

ビタミンB1が不足すると、糖質の代謝が滞り、疲労物質の乳酸がたまりやすくなります。ビタミンB1とタンパク質を含む食べ物で、疲れに負けないバテない体質を目指しましょう。

ビタミンB1を含む食べ物

  • 豚肉
  • ウナギ
  • 大豆
  • かつお
  • 枝豆

最後に

夏ですから、冷たいものを食べたくなりますよね。「仕事終わりのキンキンに冷えたビールがたまらない・・・」こんな方も多いと思います。

大切なことは、体を冷やす食事ばかりではなく、温かい食材を一品入れてバランスをとること。栄養と温度のバランスが取れた食事を心がけると、夏バテしない体質になります。

今回紹介した食べ物も取り入れながら、上手に夏バテ予防をしましょう。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です