夏バテの原因はクーラー冷え?温度差による夏バテ対策は?

猛暑の影響で、外の気温は30℃以上。でも、室内はクーラーが効いていて、部屋の温度は20℃…

このような環境で、屋外と室内を行き来するうちに、体調が悪くなる経験はありませんか?

気温差が大きい環境は、夏バテの原因になります。クーラーの温度を自分で設定できればいいですが、会社や外出先では温度の調節ができないこともありますよね。

そこで今回は、温度差による夏バテ対策をご紹介します。まずは、気温差が大きいとなぜ夏バテになるのか、その理由を見ていきましょう。

Sponsored Links

なぜ、気温差が大きいと夏バテしやすくなる?

夏は、外と室内の温度差が10℃を超えることが、結構ありますよね。

そんな環境で、屋外と室内を何度も行ったり来たりすると、身体は体温のコントロールを頻繁に切り替える必要があります。

体温調節の機会があまりにも多いと、体温をつかさどっている自律神経が異変を起こして、正常に働かなくなってしまいます。

その結果、身体の機能をうまくコントロールできなくなります。食欲不振・体のだるさを感じたり、頭痛や吐き気を引き起こすのです。

5℃以上の温度差があると、体温調節がうまくいかなくなると言われているので、気温差が大きい夏の季節は要注意というわけです。

温度差による夏バテ対策はコレ!

夏の猛暑では、気温差やクーラー冷えによる夏バテを防ぐには、どうすればいいのでしょうか?

大切なことは、屋外と室内でそれぞれ温度差対策を行って、気温差をできるだけなくすことです。屋外と室内対策をそれぞれご紹介します。

屋外対策

直射日光が肌に当たると、夏バテの危険性が高くなります。屋外では以下の対策をとりましょう。

屋外対策

  • できるだけ日陰を歩く
  • 日傘で直射日光をさける
  • 肌の露出を少なくする
  • こまめに水分補給する
水分補給はただの水ではなく、ミネラルが入った飲料(スポーツドリンク)がおすすめです。

室内対策

24℃を下回ると、身体が冷えやすくなり、屋外との温度差も大きくなってしまいます。

部屋の温度を調節できるなら26~28℃になるように設定しましょう。もし、会社や外出先で部屋の温度が低すぎる場合、以下の対策が有効です。

室内対策

  • 1枚多く服を着る
  • 膝かけや靴下を着用して下半身を冷やさない
  • 温かいものを飲んで、身体を温める
  • 身体を動かして、血流を良くする

最後に

外が猛暑だと、ついついクーラーの温度を低く設定してしまいがち。涼しくて気持ちいいので、外から帰ってきたら冷房をガンガン効かせる方も多いでしょう。

ただ、あまり身体を冷やすぎると、夏バテしやすいことは、頭に入れておいた方がいいかもしれません。低い温度でクーラーを付けっぱなしにする方は、気温差による夏バテに気をつけましょう!

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です