2度見ないと縁起悪い?お月見の由来や起源を知ろう!

「お月見って何のためにするの…」「お月見の起源や由来って何…」など、お月見の行事について疑問はありませんか?

お月見と言えば、月見団子を食べながら秋の夜月を眺める風流なイメージがありますが、実は「縁起が悪い」とか「不吉」と言われることがあるんです。

今回は、お月見の起源や由来についてご紹介します。どんなことが「縁起が悪い」ことなのでしょうか?

Sponsored Links

お月見の起源と由来

十五夜

お月見とは、旧暦8月15日に月を鑑賞する行事で、この日を「十五夜」と言います。

旧暦では7~9月が秋になります。そして、8月を「中秋(ちゅうしゅう)」ということから、十五夜の月を「中秋の名月」と呼ぶこともあります。

中秋の名月を鑑賞する「お月見」の起源は古く、もともと中国で行われてた行事になります。唐の時代に、野菜や果物を供えて月を鑑賞していたという記録が残っています。

お月見の風習が日本に伝わったのは奈良~平安時代。初めは貴族階級の間で、十五夜を鑑賞する催しでした。

それが江戸時代あたりに、庶民の間に広がります。この時期は収穫の季節ということもあり、豊作を祈る行事として全国的に定着することになりました。

十三夜

お月見の画像また、日本には固有のお月見と言われる「十三夜」という行事もあります。十三夜は旧暦9月13日に行われるお月見で、「豆名月」「栗名月」とも言われます。

これは、十三夜には秋の収穫を祝う意味があり、豆や栗が供えられたことからそう呼ばれたようです。

また、昔は十五夜と十三夜は同じぐらい重要で、どちらかの一方を祝うことを「片見月」や「片月見」と言い、縁起の悪い不吉なこととされてきました。

片見月が縁起が悪いと言われた理由

なぜ、片見月(かたみつき)が縁起悪いとされているのか、はっきりとした理由はわかりません。

ただ、昔の日本は農家や農村が多かったので、豊作を祈り収穫を祝う「十五夜」と「十三夜」はどちらも重視されていたのではないでしょうか。

それが、生活スタイルの変化によって農家や農村が減っていく過程で、十三夜のお月見が行われなくなったのだと思います。

十五夜と十三夜の時期はいつ?

カレンダー一般的にはあまり知られていない十三夜ですが、両方見ないと「縁起が悪い」なんて言われると、ちょっと気になるところですよね。

というわけで、十五夜と十三夜の時期がいつになるのか、2020年までの日程をご紹介します。

十五夜 十三夜
2014 9月8日 10月6日
2015 9月27日 10月25日
2016 9月15日 10月13日
2017 10月4日 11月1日
2018 9月24日 10月21日
2019 9月13日 10月11日
2020 10月1日 10月29日

こうして確認すると、日にちが結構バラけますよね。時期の目安としては、

  • 十五夜(旧暦8月15日)…9月上旬~10月上旬
  • 十三夜(旧暦9月13日)…10月上旬~11月上旬

という感じになります。

まとめ

昔は、十五夜と十三夜のどちらか一方しか見ない「片見月」は縁起が悪いと言われていたようです。

今はそれほど気にする必要はないと思いますが、できれば2回お月見できるといいですよね。昔のように、月見団子を食べながら、秋の月を鑑賞するのも楽しいと思いますよ。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です