胃カメラ検査の体験談!鼻からチューブを入れた感想

鼻からの胃カメラ検査が口に比べて苦しいかどうか、知りたいと思っていませんか?

先日、管理人は検査を受けてきました。体験したのは、経鼻内視鏡による鼻からの胃カメラ検査。私もそうでしたが、初めて胃カメラ検査を受ける場合、少なからず不安があるものですよね。

そこで今回は、鼻からの胃カメラ検査の体験談をご紹介します。「鼻からの胃カメラを受けようと思っているけど、ちょっと不安だな…」という方は、是非チェックしてみてください。

Sponsored Links

鼻から胃カメラ検査した体験談

胃カメラ検査の前日

今回、胃カメラ検査をすることにしたのは、鼻からの内視鏡に実績がある地元の病院です。検査の予約は、電話で簡単に取ることができました。

そのときに、「検査前日は21:00までに食事を終えて、その後は食べないでください」との注意事項を受けました。

検査で予約した時間は朝10:00ですから、もちろん朝食も摂りません。何も食べない状態で病院に行きました。

胃カメラ検査の当日

アンケートの記入を終えて軽く診察したあと、早速、胃カメラ検査をすることになりました。

まず初めに、鼻の中に麻酔をします。スプレー状の麻酔を鼻腔内に吹きかけられたのですが、「ツーン」とした痛みで涙が出るほどの刺激。一瞬で終わりましたが、結構しんどかったですね。

救急箱と問診麻酔をかけて5分くらい経過した後、胃カメラ検査をすることになりました。

経鼻内視鏡は鼻の穴に入るくらいで大きくはないんですが、鼻の奥に入っていくのはちょっと怖いですね。

「鼻血が出ることもある…」と聞いていたので、ちょっと不安がありましたが、スルスルと鼻の奥へと入っていきます。

その後は、特に苦しい思いをすることなく、喉から食道、食道から胃へと到達しました。胃の画像を見ながら検査内容を聞いて、無事に終了です。胃の写真も撮ってもらいました。

検査していた時間は5分程度です。思っていた以上にアッサリ終わってしまったので、ちょっと拍子抜けするくらいでしたね。

胃カメラ検査の費用は?

今回の胃カメラ検査の費用は、健康保険3割負担で約5000円でした。胃カメラ検査の相場は4000~6000円程度なので、相場どおりの料金だと思います。

ちなみに、口と鼻の検査で料金の差はありませんでした。ただし、病院によって料金が違うことがあるかもしれないので、検査を受ける病院で確認してみてください。

鼻からの胃カメラ検査は口よりも苦しい?

口からの胃カメラ検査といえば、

  • 「話すことができないくらい苦しい…」
  • 「涙とヨダレだらけになる…」
  • 「オエーという嘔吐感がひどい…」

など、苦しそうな感想が多いですよね。

鼻から検査する場合、経鼻内視鏡が小さいので、喉や食道につかえることはありません。

内視鏡が入っていく違和感はありましたが、よだれや涙も出ないし嘔吐感もありませんでした。検査中に会話することもできたので、口より鼻からの検査の方が苦しくないと思います。

ただし、鼻への麻酔は「ツーン」としてしんどかったです。たぶん、涙が出ると思います。

また、今回検査をしてくれた先生に確認したところ、「口と鼻の内視鏡経験者のうち、80~90%の方が鼻のほうが楽って言ってますよ」とのことでした。

できるだけ苦しい思いをしたくないなら、鼻からの胃カメラ検査の方がおすすめだと思います。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です