初夢っていつの夢?一富士二鷹三なすびの縁起がいい理由とは?

見た夢の内容でその年を占う初夢

新年になると、初夢フェアや初夢宝くじなど、初夢にちなんだイベントが数多くありますよね。宝船に乗った七福神のポスターやイラストなど、いろんな場所で目にします。

ところで、あなたは初夢がいつ見る夢なのか、知っていますか?

初夢で「一富士二鷹三茄子」を見ると、縁起がいいと言われるのはなぜでしょう。今回は、初夢についてご紹介したいと思います。

Sponsored Links

初夢はいつ見る夢のこと?

初夢と言うからには、年が変わってから、すぐに見る夢だと思いませんか?

しかし、一般的に初夢とは、1月1日から2日の夜に見る夢のことを言います。

「初夢なんだから、元旦に見る夢なんじゃないの?」と疑問に感じる方もいるかもしれませんが、昔は年越し前後は忙しく、元旦は徹夜をして眠らないことが多くありました。

また、書き初め・稽古始め・仕事始めなど、年初めの行事は1月2日だったんですね。その結果、初夢に関しても2日に見る夢が重視されることになったようです。

初夢の由来って

初夢は、もともと中国から伝わった風習です。その起源となったのが「夢を食う」と言われる獏(ばく)。

獏の絵を枕下に入れて吉夢を見ようとした故事が、もともとの始まりです。

その後、中国から日本に伝わると、室町時代には縁起の良い七福神を乗せた宝船を、枕の下に入れて寝るようにしていたようです。

江戸時代の元禄期には、新年になると宝船の絵が飛ぶように売れたらしいので、江戸時代初期には庶民も初夢を意識していたんですね。

また、悪い夢を見たときは、翌朝、宝船の帆に「獏」という字を書いて川に流したり土に埋めることで、災難を避ける風習があったようです。

一富士二鷹三茄子の意味は?

富士山初夢で見ると縁起がいいと言われる一富士二鷹三茄子(いちふじにたかさんなすび)。なぜ、縁起が良いと言われるようになったのでしょうか?

その由来はいくつかありますが、有力なのは「徳川家康が富士山、鷹狩り、初物のなすを好んだ」とか、「徳川家康に縁のある駿河国で高いものの順。富士山、愛鷹山、初物のなすの値段」など、徳川家康にちなんだものが多いんですね。

富士山・鷹・なすは、いずれも徳川家康の出身地である駿河(静岡)の名産品です。

「駿河の国(静岡県)の名物を並べて、天下を取った徳川家康にあやかろうとした」これが、初夢で縁起がいいと言われるようになった説として有力のようです。

まとめ

新しい年が始まるときは、誰もが「今年はいい年になったらなあ…」と思いますよね。

初夢の縁起にあやかりたいなら、宝船に乗った七福神を、枕の下に入れて寝るのもいいかもしれませんね。以上、初夢に関する記事でした。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です