ピロリ菌除菌の副作用はある?除菌後の胃の変化や注意点は?

ピロリ菌の除菌治療を始めるとき、どのような副作用があるのか心配になりませんか?

ピロリ菌の除菌では薬を服用することになりますが、人によっては副作用が出ることがあります。どのような症状が出やすいのか全く知らないと、ちょっと動揺してしまいますよね。

慌てずに対処するためにも、ピロリ菌除菌による副作用の症状をしっかりチェックしておきましょう!

Sponsored Links

ピロリ菌除菌の前に知っておきたい副作用の症状!

除菌治療で最も多い副作用は下痢や軟便で、約10~30%の割合で起こることがあります。

「どの程度の下痢になるのか不安…」と思う方がいるかもしれませんが、症状が重くなることは少なく、通常の排便が下痢や軟便になることが多いようです。

その他の副作用に多いのは、以下の症状になります。

ピロリ菌除菌による副作用一覧

  • 味覚異常、舌炎、口内炎…約5~15%
  • 過敏症(じんましん、発疹)…約2~5%
  • 腹痛、腹部膨満感、腹鳴
  • 便秘
  • 頭痛、頭重感
  • 肝機能障害

「ずいぶんと副作用が多いな…」と感じる方もいるかもしれませんが、副作用が重症化することは多くありませんし、生活に支障が出ることはまれです。

ただし、過敏症や血便の症状があるときは注意が必要です。除菌治療している病院に連絡して、相談したほうがいいでしょう。

除菌後の胃の変化や注意点とは?

では、除菌が終わってピロリ菌がいなくなると、胃にどのような変化があるのでしょうか?

最も多いのは、食欲が増して食事量が増えることです。というのも、ピロリ菌を除菌することで胃炎が収まり、慢性胃炎や胃潰瘍が再発しにくくなるからです。

ですから、除菌後2、3ヶ月もすると胃の不快感がなくなり、食欲が増える方が多いようです。

一方、除菌後に約10%の方が逆流性食道炎を発症することがわかっています。

逆流性食道炎とは、胃酸が食道に逆流して食道の粘膜を刺激し、炎症が起きることです。いわゆる「胸焼け」が起きやすくなるわけですね。

逆流性食道炎が発生するのは、ピロリ菌の除菌によって胃の働きが改善されて胃酸が増えるからです。

除菌後に食欲が増して過食や飲酒が過ぎると、逆流性食道炎を引き起こすことがあるので、規則正しい食生活が大切です。

まとめ

今回は、ピロリ菌除菌の副作用と、除菌後の胃についてご紹介しました。最後にもう一度、どのような副作用があるか確認してください。

ピロリ菌除菌による副作用の症状

  • 下痢や軟便…約10~30%
  • 味覚異常、舌炎、口内炎…約5~15%
  • 過敏症(じんましん、発疹)…約2~5%
  • 腹痛、腹部膨満感、腹鳴
  • 便秘
  • 頭痛、頭重感
  • 肝機能障害
除菌後の胃の変化

  • 胃の機能が改善し、食欲が増える
  • 約10%の方が逆流性食道炎を発症する
ピロリ菌除菌の副作用は軽度の場合がほとんどですから、安心して除菌治療を行いましょう。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です