ベビーフット 失敗する原因は?上手にできる5つのコツ

テレビ、雑誌などで最近よく紹介されている足裏の角質ケアのベビーフット

ベビーフットの使い方はとても簡単です。ブーツ型のフットパックを1時間ほど履いたあと、足に付いたジェルを洗い流すだけです。使い方は以下の動画のとおりです。

「約5~7日で足裏の古い角質がズルむけになる…」と評判ですが、中にはうまくいかず失敗する人もいるようです。そこで今回は、ベビーフットに失敗する原因と上手にズルむけにするコツをご紹介します。

Sponsored Links

失敗する原因は何だろう?

ベビーフットを使っているのに、きれいにズルむけしない原因は何でしょうか。当サイトで調べたところ、理由は主に以下の2つです。

失敗する2つの原因

  • 説明書をよく読まずに、自己流で試した。
  • フットパックに含まれたジェルを足裏の皮膚に浸透させる準備をしなかった

どんな商品でも説明書はめんどくさくて、読む気しませんよね。気持ちはわかりますが、しっかり読んで内容を確認してから正しく使用することが大事です。

そして、失敗しないためのキーポイントは足裏の角質に溶液をいかに浸透させるかということです。この準備をしないことで、失敗する方が多いようです。

では、具体的にどのような準備をすればいいのでしょうか?

ベビーフットに失敗しないための5つの方法

ベビーフットを上手に使う5つのコツ

  1. 硬くなった角質は削り取る。軽石でこするのもあり
  2. お風呂や足湯に浸かって、角質をしっかりふやかす
  3. フットパックするタイミングは、足湯や風呂上がりすぐ
  4. 使う前に足裏マッサージをして、足裏を柔らかくする
  5. フットパックしたあとに、足を揉んで溶液を染みこませる

以上が、足裏の角質をズルむけにするコツです。足裏をできるだけ柔らかく、ふやかしてから実践しましょう。お風呂上がりに使うのがベストのようです。

ちなみに、足裏の角質をそのままにしておくと、角栓から老廃物の排出が出来なくなり、足裏が清潔に保てなくなります。

その結果、足裏のくすみや肌荒れ、冷え症に関係する場合もあるので注意が必要です。たかが足裏の角質と侮れませんね。

これまで足裏の角質ケアをしたことがないなら、一度ベビーフットを試してみてはどうでしょうか。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です