サーキュレーターと扇風機の違い!どちらを選ぶべき?

羽根が回って風を起こす仕組みのサーキュレーターと扇風機。一見同じように見えるので、扇風機の代わりにサーキュレーターを使おうとする方もいるようです。

しかし、よく調べてみると、サーキュレーターと扇風機には大きな違いがあります。購入してから後悔しないために、その違いをチェックしておきましょう。

今回は、サーキュレーターと扇風機の違いと、サーキュレーターの効果的な使い方についてご紹介します。どちらを選べばいいのか迷っているなら、確認してみてください。

Sponsored Links

サーキュレーターと扇風機の違いは?

扇風機は直接体に風を当てることで、涼感を得るのが目的です。風は広範囲に広がるように発生しますが、あまり遠くまで風は届きません。

一方、サーキュレーターは、直進性の高い風を発生させて、風の循環を作り出すのが目的です。

室内の空気を循環させることで部屋の温度を均一化し、エアコンの設定温度になる時間を短縮できるのがメリットです。ただ、風が強いので人に直接当てるのには向きません。

また、動作音は一般的に、扇風機よりもサーキュレーターの方が大きいようです。

「就寝時にサーキュレーターは使えない…」という意見もあるようですが、最近は静音設計のサーキュレーターも多くなってきたので、一概には言えないでしょう。

動作音が気になる方は、こちらの動画で確認しましょう

サーキュレーターの効果的な使い方とは?

空気には重さがあります。冷たい空気は重く、暖かい空気は軽くなります。冷房を使うと冷たい空気が足元に、暖房を使うと暖かい空気が天井付近にたまります。

この冷たい空気や暖かい空気に直接風を送り、室内の空気を循環させるのが効果的な使い方で、冷房と暖房の効率を高めることができます。

サーキュレーター

具体的なサーキュレーターの置き方や使い方は上の図を参考にしてください。

あなたはどちらを選ぶべき?

サーキュレーターと扇風機、どちらを購入しようか迷っていませんか?

選ぶときには、「使用目的」や「部屋の環境」を判断基準にするのがおすすめです。以下の条件を参考にしてください。

サーキュレーターがおすすめの人

  • エアコンを使うとき、冷房と暖房の効率を高めて節電したい
  • 部屋が広い(12畳以上)
  • L字型の部屋など、室内の空気にムラが出やすい
  • 梅雨時など、効果的に部屋干しをしたい
  • 部屋の換気に使いたい
扇風機がおすすめの人

  • 部屋が広くない(8畳以下)
  • 直接、風を受けて涼みたい
  • 就寝時にも利用したい(タイマー付き)

さいごに

ちなみに、電気代はあまり変わりがありません。消費電力はどちらも約30W程度。エアコンの消費電力が平均600~700Wですから、どちらも節電効果は高いです。

以上、サーキュレーターと扇風機の違いでした。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です