防災時の備蓄リスト!非常食は何日分必要?おすすめは?

日本は台風、豪雨、洪水、地震、津波など、世界でも稀な災害大国です。特に、南海トラフや首都直下型の巨大地震は、いつ起こってもおかしくない状況にあります。

災害時すぐに避難場所に行けるときはいいですが、道路や通信が寸断されて自宅で非難せざるを得ない場合もあります。

そこで、自宅で避難せざるを得ない場合に、最低限備えておきたい備蓄・非常食を調べてました。

Sponsored Links

備えは何日分必要か?

電気、通信、道路などのライフラインが影響を受けたとき、復旧するまでの期間は約3日間と言われています。

なので、備蓄・非常食・防災対策グッズは、最低でも3日分用意しておくことが必要です。

ただ、災害時は何が起こるかわかりません。もしかしたら一週間ぐらい自宅避難を強いられることがあるかもしれません。

余裕をもっておきたい方は、5~7日ほどの備蓄をおすすめします。当サイトでは最低限ということで3日分とします。

非常食の備蓄リスト

非常食と水

まず、生きるために必要なのが「水」です。

1日1人当たり2リットル必要と言われてるので、3日分用意するとして6リットル。家族がいる場合は、6リットル×人数分必要です。

また、顔や手など身体の汚れを落としたり、汚れた衣服を洗ったりする必要もあります。火災発生時の消火に使うこともあるので、普段からお風呂のお湯を抜かないで、ためておきましょう。

乾パン・アルファ米

乾パンは腹持ちが良く、満腹感を与えてくれます。角砂糖も入っているので、糖分も効果的に摂取できます。

保存食のアルファ米は、常温の水があれば食べることができます。種類も豊富で味もおいしいと評判なので、余裕があれば、用意しておきたいところです。

防災品の備蓄リスト

備蓄

懐中電灯(電池)・ロウソク(ライター)

これは個人的な話ですが、東日本の震災時に節電対策で電気が止まったことがあります。

このとき何が一番大変だったかというと、夜に明かりがないことです。「明かり」がないと、身動きが取れないんですよね。なので、懐中電灯とロウソクは必須です。

いくつかの部屋に、懐中電灯やロウソクを常備しておきましょう。

簡易トイレ

排泄物の処理も大変です。水を使わない簡易トイレがあるので、備蓄しておくことをおすすめします。

電池式携帯ラジオ

安否情報、避難情報、天候予報、交通障害情報など幅広い情報を入手できるので、必ず持っておきたいです。できれば、懐中電灯つきの携帯ラジオを選びましょう。

他にもいろいろありますが、最低限必要と思われる非常食と防災グッズを紹介しました。

緊急避難用の防災グッズに関しては、必要なものが揃った防災リュックが市販されてるので、購入するのもいいかもしれません。

最後に

普段備蓄のことを気にしない方もいると思いますが、いつ何が起こるかわかりません。

9月1日の「防災の日」やこの日を含む防災週間だけでも、日ごろの備えを考えておきましょう。

Sponsored Links

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です